GoogleMapsAPIでサイトに地図表示!

subpage01

GoogleMapsAPIを利用すると、サイト上に地図を表示することができます。わざわざGoogleのサイトを開いてグーグルマップを利用する必要はありません。


まず、GoogleMapsAPIを利用する為に、APIキーの取得が必要になりのでGoogleアカウントに登録しましょう。

APIキーは初期設定で誰でも使用できるようになっていますので、使用範囲を決定しておく必要があります。

GoogleMapsAPIの情報を探すならこちらです。

サイト内で使用する場合は、ウェブサイトで制限すれば問題ありません。



HTMLソースコードにAPIキー値をパラメーター値として指定し、地図のサイズや地図を埋め込むための記述を追加します。
このような流れでGoogleMapsAPIを使用して、無料で自分のサイト上に世界中の地図を掲載することが可能になります。非常に有効な機能を利用できる一方で、デメリットも存在します。例えば、広告やロゴが掲載され自由に消すことはできません。それから、ページビューに制限があり、1日あたり5万ページビューとなっています。

かなり緩い制限なのでよほど大きなサイトでなければ心配する必要はありません。
加えて、他の地図サービスに加えると詳細情報に弱い点が挙げられます。


特に都市部ではほしい情報がない場合もありえます。



いくつかの利用条件やデメリットもありますが、これだけの機能を原則無料で利用できるので一般的な利用用途では十分な恩恵を受けられることと思います。

ぜひ利用してみてください。