GoogleMapsAPIのサービス

subpage01

GoogleMapsAPIというのは、例えば自社のホームページにGoogleMapを引用することができるサービスのことです。


会社やお店で自分のホームページを作った場合、顧客のためにはそこへの行き方、つまりアクセス方法も掲載するのが普通でしょう。

これは自分で地図を書いて載せることもできますが、GoogleMapをそのまま引用できれば手軽ですし、見る方にとっても分かりやすいわけです。
このGoogleMapsAPIのサービスですが、以前は完全無料で利用できていました。


ところが最近になって利用者が増えてきたこと、そしてやはり地図情報の更新にはかなりのコストがかかることも事実であり、利用者に一定の負担を求めるようにサービスが変更されています。


誤解してはいけませんが、GoogleMapのサービスそのものは引き続き無料です。

GoogleMapsAPI情報があれば全てが解決します。

それを自社のホームページなどで引用するGoogleMapsAPIの料金体系が変更されたということです。
とはいっても、個人事業主くらいのレベルでは引き続き無料で利用できるか、無料で利用できる範囲内のサービスでも十分といったケースがほとんどでしょう。具体的には、提供されるサービスの種類や利用料に応じて利用料金が設定されているのですが、月額で200ドル分までは無料ということになっているからです。



これを超えた分だけが課金されることになりますし、超えないように初めから利用を制限するような使い方も可能です。