医療脱毛は安全で効果の高い脱毛方法ですが、施術時の痛みが心配で受けるのをためらう人もいます。医療脱毛を受ける際に痛みが発生するのは、毛根の中にある幹細胞を破壊するためです。幹細胞は毛を作る働きをするため、破壊できないと生えてくる毛が細くはなってくるものの、全く毛が生えてこない状態にするのは難しくなります。エステで行われている光脱毛は出力が低いため痛みも少ないのですが、幹細胞を破壊するまでには至らないためなかなか脱毛を終えることができません。

つまり医療脱毛の施術時に痛みがあるのは、それだけ効果が高いからと言えます。それでは脱毛する時の痛みを我慢するしかないかというと、そうではありません。医療脱毛は医療機関で行われているため、施術時に麻酔を使って痛みを軽減させることができます。使用される麻酔にはクリーム麻酔と笑気麻酔があり、クリーム麻酔はクリームを肌の上に塗るだけで麻酔でき、笑気麻酔は笑気ガスを吸入することで痛みを感じずに施術を受けることができます。

また脱毛する機械の改良により肌を冷却しながら脱毛して痛みを感じにくくしたり、毛根部分にのみレーザーが当たるようにして痛みを軽減するなどの方法が採用され、以前よりも痛みを感じることが少なくなりました。痛みを強く感じるのは生えている毛が多い初期の施術時や、デリケートゾーンなど太い毛が密集している部分なので、そういった部分を脱毛する時だけ麻酔を使用するとより痛みを感じず施術が受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *