間違った脱毛方法は、肌を傷める原因になります。特に良くないのは、毛抜きで抜く方法です。この方法で処理してしまうと、埋没毛になりやすくなります。埋没毛は最悪の場合、皮膚を切開して毛を押し出す必要があります。

剃る方法は肌への負担は少ないですが、何度も剃っていれば肌に負担がかかりますし、面倒です。この問題を解決してくれるのが、医療脱毛です。医療脱毛は医療機関でのみ受けられる、レーザーを使った脱毛方法です。レーザーは黒いもの(毛)に反応する性質があります。

これを利用して、毛の細胞を破壊して生えてこなくさせるのが医療脱毛です。エステサロンでは光でこの処理を行いますが、レーザーに比べて低出力までしか許されていないので、明らかに毛の細胞を破壊するほどの威力はありません。また、出力が弱いので効果が出るまでに期間がかかります。また、脱毛を受けるのをやめてしまうと、再び毛が生えてきてしまいます。

レーザーだと肌に与える負担は少なくしつつ、毛根や毛乳頭へのダメージを大きくさせることができます。より深部までレーザービームが届くような波長を使うからです。医療脱毛による痛みの感じ方には個人差がありますが、ゴムで弾く程度~指で弾く程度、と言われています。全く痛くないというわけにはいきませんが、痛みが我慢できない場合にはクリーム麻酔などを使って痛みを軽減することも可能なので、カウンセリング時に相談してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *