「最終脱毛から1ヶ月経過したときの毛の再生率が20%以下」というのが、永久脱毛の定義です。なので、毛が全く生えてこなくなるわけではありません。といっても、20%以下であれば自己処理はかなり簡単になり、ストレスも減ります。エステサロンで行われている光脱毛は永久脱毛ではありませんが、医療機関で行われている医療脱毛は永久脱毛です。

エステサロンでは扱いが禁止されているレーザー脱毛器を使い、毛根部分までレーザーを照射して毛の細胞を破壊します。近年では、毛根よりも浅い部位にある「バルジ領域」に作用する医療脱毛も登場しています。バルジ領域は毛の幹細胞が存在している範囲で、ここを破壊することができれば毛根を破壊しなくても永久脱毛が可能とされています。最近の医療脱毛では、従来のパルス幅(1照射でレーザーが出ている時間)を長くして、さらに波長の長いレーザーをブレンドすることで、じわじわと毛に作用して、周辺にあるバルジ領域を破壊していく蓄熱式の脱毛方法も採用されています。

自己処理と違い、永久脱毛で処理されていればいつでも綺麗な肌の状態をキープすることができます。水着になるのをためらったり、薄着ファッションを諦めている人でも、永久脱毛後はストレスフリーで過ごせるようになります。医療脱毛は全身処理してもらうと30~60万円かかりますが、分割払いに対応しているクリニックも多いので、手持ちのお金がなくても受けることは可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *