脱毛施術で人気が高い部位はわきですが、VIOラインの処理を行う人も最近では増えてきていて徐々に需要が高まりつつあります。しかし、デリケートゾーンの部位をいくらプロのスタッフであっても見せるのは抵抗があるという人は多いことでしょう。カミソリや毛抜きでは肌を傷めてしまう可能性もありますし、ワックスやテープなどでは痛みがきになるところです。では、効果が高いことで知られる家庭用脱毛器でVIOラインの処理ができるのでしょうか。

脱毛器にはフラッシュ方式やレーザー方式など種類によって異なりますがエステサロンや美容クリニックなどで行われる脱毛が自宅にいながらできることと、サロンなどに通って施術を受けるよりも費用が格安で済むことから人気が高い気機器でもあります。ただ、残念ながらほとんどの脱毛器はVIOラインの処理を推奨していないのが現状です。Vラインのみの処理だけできるとされているフラッシュ方式であるケノンでさえ、IラインやOラインの処理は自己責任になってしまいますので、安易に処理を行うことでもし炎症を起こしたとしても、正しい方法で行わなかった自分の責任になってしまいますので注意が必要といえます。やはりVIOラインはデリケートな部位であり万が一傷つけたり炎症を起こすと大変なことになりますので、処理を行うのであればプロによる施術に任せた方が良いこともありますので、トラブルに発展するかどうかということも含めて十分に考えた上で処理を行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *